10年ほど前に製作した、初代MIDIオルガンの試作品(残骸)を掲載しました。4’木開管の5オクターブです。(ただし下1オクターブは閉管)。閉管のパイプは、裏面に並んでいます。
 模型屋で買った檜材や朴材でとりあえず木管を作り、電線で配線したクモの巣のような回路で制御しています。

まだ現存していた残骸を、なんとか修理して演奏ができるようにしてみました。下のMP3データのリンクをクリックすると、音色を聞くことが出来ます。(データのサイズが相当大きいので、ブロードバンドでないと、取り込みに時間がかかります。)

♪MIDI制作 ボストンスーパーオーケストラ(購入)

初代MIDIパイプオルガン試作品
(とりあえず作った木管・残骸)

何箇所か、修復不能で、音が出ていない笛がありますが、ごめんなさい、です。

MP3-Crebs-2.mp3[5.2MB]

♪MIDI制作 奥田さん

□クレープス作曲  Zeuch ein zu deinen Toren  の木管での演奏です

□バッハ作曲 パストラーレ 第1曲 ヘ長調

□ヨハンシュトラウス作曲 常動曲

前回試作時の手作りエッチング基板

今回のMIDIオルガンの開発に当たり、4年ほど前に試作したエッチング基板です。基板CAD(Protel)でパターンを引き、光感光基板を自分でエッチングしました。マイコンもH8に乗せ変えました。

♪MIDI制作 organ_pipe

MP3-BWV0590_1[2.0MB]
MP3-常動曲[2.9MB]

裏面の4フィート閉管たち